遺言書の書き方見本

妻と子供に財産を残したい場合の遺言書の書き方見本(3)

image17

 

遺言書解説

妻と子供に財産を残したい場合の遺言です。

土地や建物の不動産を記載するときはこのように書きます。住居表示が実施されている場合には現在の住所番地とその土地の地番が異なることがほとんどです。土地や建物を記載するときは登記簿謄本を見ながら正確に記載いたします。

相続財産として預貯金口座を記載せずに、このように金額を書くことも出来ます。

遺言で財産を相続人へ残したい場合には「相続させる」と記載します。相続発生後の手続きがスムーズにおこなえるように、遺言執行者を指定しておきます。

 

 

遺言書の添削チェックいたします

本サイトの見本を見ながら遺言を書いたけれど専門家にチェックしてもらいたいとお思いのかた、当事務所で遺言書の添削チェック業務もおこなっております。

遺言書添削